読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たこ焼きの国からやってきた三重の大学生

日常や三重大学の魅力を発信する成長日記。

『第1章』漂流物でいかだを作って旅に出る 〜まつばらの旅立ち〜 in三重の海岸

こんにちは、まつばらゆうきです。

突然ですが、、、

 

いかだで旅に出ることにしました。

f:id:y-matubara3:20160904204332j:plain

 

おれは三重の海を守りたいんだ

f:id:y-matubara3:20160904213522j:plain

「海は綺麗だ。」

「でも、、、、」

 

f:id:y-matubara3:20160904213934j:plain

「海岸にはこんなにもたくさんのゴミが漂着している。」

「人間が汚していくんだ。僕らの海を、、、」

 

f:id:y-matubara3:20160904214231j:plain

 「僕は思った。このままじゃいけない。」

「俺が海を綺麗にしよう」

 

漂流物でいかだを作って三重の海岸を清掃する

 

f:id:y-matubara3:20160904222744j:plain 先日、あばれる君などの芸能人が無人島から脱出するという番組を見て、ビビッときました。

「いかだで旅がしたい」

          &

「海も綺麗になる」

 

というわけで、いかだ作りの始まりです。

f:id:y-matubara3:20160904222708j:plain

設計図 

f:id:y-matubara3:20160904222725j:plain

使えそうな漂流物を集めて

 

f:id:y-matubara3:20160904224924j:plain

漂流物を切って、

 

f:id:y-matubara3:20160904225110j:plain

ロープで結んで、穴をあけて、、、、、、

 

f:id:y-matubara3:20160904204332j:plain

ついに完成!!!!!!

 

 

いかだで三重の海岸から世界へ旅立つ

4時間半の激闘の末、ようやくいかだが完成した。

そして旅立ちの時!!

f:id:y-matubara3:20160904230904j:plain

f:id:y-matubara3:20160904231054j:plain

f:id:y-matubara3:20160904231122j:plain

 

みるみるうちに遠くなっていくまつばらの姿。

まつばらの旅は完全な成功を収めたかのように思われた。

 

手作りいかだ無念の沈没!

完全な成功を収めたかのように思われた、いかだ旅。

しかし、この日の波は高かった。

f:id:y-matubara3:20160904232736j:plain

f:id:y-matubara3:20160904232718j:plain

f:id:y-matubara3:20160904232754j:plain

 気づいたときには大波に飲み込まれ、沈没し、

海岸に打ち上げられていた。

 

f:id:y-matubara3:20160904233212j:plain

 カップルの後ろ姿がとても眩しかった。

 

まつばら「結局、僕は何もできなかった。」

 

海「ありがとう」