たこ焼きの国からやってきた三重の大学生

日常や三重大学の魅力を発信する成長日記。

なんて快適なんだ!驚きの過ごしやすさ「ラトビア・リガ」

皆さんはラトビアという国をご存知でしょうか。

今回はバルト三国を旅した中で最も快適に暮らせたラトビアのリガについてです。

 

 

 

ラトビアってどんな国?

バルト三国の一国であり、バスで3,4時間でエストニアリトアニアを訪れることのできる交通の便がいい国です。

www.google.de

人口は201万で札幌と同じくらい、面積は約65000万㎢と北海道より少し小さいといったところです。

公用語ラトビア語ですが、お店や駅ではほとんど英語が通じます。また若い人も英語を話せる人が多い印象です。

通貨はユーロで物価は他のヨーロッパ諸国や日本と比べると比較的安いです。これはヨーロッパ各国に共通して言えることだと思いますが、レストランなどのお店は高く、スーパーに売っている食料品は安いです。

f:id:y-matubara3:20180911203251j:plain

レストランでの食事14€

f:id:y-matubara3:20180911203723j:plain

リンゴ、梨2個で50円程度

バルト三国最古にして最大の街・世界遺産 「首都リガ」

人口70万人を抱えるリトビアの首都リガは、バルト三国では抜きん出た都市。歴史地区としての中世の雰囲気を保ちながら、経済的にも進んでいるため、快適かつ美しい。

 

f:id:y-matubara3:20180911211407j:plain

歴史的価値あるリガ大聖堂

毎日12:00にパイプオルガンの演奏が行われているので、それに合わせていくのがオススメ(入場料込みチケット10€)。一般の入場は3€。

 

f:id:y-matubara3:20180911211414j:plain

魚介類や季節のベリーが並ぶ中央市

f:id:y-matubara3:20180911211408j:plain

旧市街を出ると近代的な建物もある

f:id:y-matubara3:20180911212553j:plain

海水浴場ユールマラ

リーガ駅から30分、片道1.40€で海にもいける。砂が細かくて気持ちいい。

 


「快適さ・ロケーション・値段」文句なしの宿!Liverty hotel

 ここからは完全に僕個人がオススメする場所です。

今回リガを旅するにあたって、Bookimg.comでLiverty hotelを予約しました。これが大当たり。新市街と旧市街の間に位置しており、徒歩5分でいくことができます。また、バスターミナルや中央市場、駅も近くこれまた徒歩10分しかかかりません。

 

これだけの立地の良さを兼ね備えながら、快適さも素晴らしかったです。ラトビアではWi-Fiの接続が悪いホテルに泊まって苦労しましたが、ここでは館内どこでも強いWi-Fi(夜は少し遅かったが、それでもYouTubeは普通に見れる)があり、部屋も広く、清潔さも文句なし。

また、共用スペースも落ち着きがあり、PCでの作業にも良さそうでした。共用キッチン、トイレ、洗面台全て十分な数と広さ、清潔さを保っていました。

欠点を挙げるなら、共用シャワーにほんの少しカビがみられたことです。(本当に少しだけ)

f:id:y-matubara3:20180913012032j:plain

ラージ ダブルルーム ソファ付き

素晴らしい快適さがありながら31.50€/泊でした...安いっ!ちなみにこの部屋ダブルルームにエキストラベッドとソファがあったので節約旅行なら4人でも泊まれそうです!

一人当たり8€かあ...最高だな。

 

f:id:y-matubara3:20180913012034j:plain

共用リビング

こんな感じで、リガに旅行される際は是非オススメしたいホテルでした。

 

Wi-Fi・雰囲気」パソコンが使えるカフェ

最後に少しだけオススメのカフェを紹介します。

リガにはカフェはたくさんあります。特に旧市街では多くの観光客や家族がカフェでゆったりとしたひと時を過ごしています。

そんな中では、パソコンを使いたくても雰囲気的に使いにくかったりしたのですが、

Cauf Cafeと言う旧市街のど真ん中にあるカフェの環境がよかったのでオススメしたいと思います。

goo.gl

f:id:y-matubara3:20180913015120j:plain

1階

f:id:y-matubara3:20180913015115j:plain

2階、トイレもあります

f:id:y-matubara3:20180913015110j:plain

テラス

 

Wi-Fiもあり、人がいないときは店員まで席に座ってパソコンを触っていました。笑

 

まとめ「ラトビア・リガ」

  • ラトビア・リガは快適に過ごせる
  • 快適なホテルがある
  • 自然、歴史地区、都会、世界遺産がコンパクトにまとまった街

総じて、快適で楽しく過ごせた街でした!

#2 ハイデルベルク大学でのドイツ語 

前回↓の続きです。

http://y-matubara3.hatenablog.com/entry/2018/08/31/020902

 

前回の記事で、9月の目標を立ててから10日が経ちました。

今日はその経過報告と計画の修正をしようと思います。

 

 

目標 「Einsturfung TestでB2にいける結果を残す。」

 

やること

  1. 独語基礎単語アプリ(2000語)を覚える
    すでに800語を終えたので残り1200→40語/日
  2. Sommersemester,Bruckenkursの復習
    1テキスト/日

 

 

単語アプリの方は、現在1082語で1日28語ペースで進んでおり、予定よりも118語遅れ。このほとんどを旅行の隙間時間にやっています。

 

他方、テキストの方は初日以降一度も読めていません。9月のほとんどを海外旅行に費やしているため、テキストを持ち歩けていないからです。

 

テキストの方に関しては、旅行と旅行の間(16,17日、22日以降)に集中的に行って、Bruckenkursの教科書だけを終わらせることに目標修正します。

単語アプリの方は、10日後の経過報告までに遅れを取り戻せるように修正します。つまり1日50語ペースですね。

 

こんな感じで後期の授業に向けて備えて行けたらと思います。

また10日後に経過報告をするので!

 

ハイデルベルク大学で植物ゲノミクスを学ぶためのドイツ語

こんにちはマツバラです。

2018年の3月からドイツ留学を初めて、初めの半年間はドイツ語の勉強に費やしてきました。

 

現在のドイツ語レベルはB1(3月の時点ではA1.1)

ドイツ語で専門科目を受講するには最低B2のドイツ語力が必要だと言われているので(誰かに言われた..)

今のところ順調に、WintersemesterにはB2のクラスに行けそうです。

 

しかし、これはあくまでドイツ語の授業でのレベルであり、

実際には語彙力、スピーキングがまだ講義を受講するには足らない気がします。

 

そこで10月初旬にEinsturfung Test(クラスを格付けするためのテスト)があるので、そこに向けて9月の目標を立てました。

  1. 独語基礎単語アプリ(2000語)を覚える
    すでに800語を終えたので残り1200→40語/日
  2. Sommersemester,Bruckenkursの復習
    1テキスト/日

「Einsturfung TestでB2にいける結果を残す。」ことを目的にやっていこうと思う。

 

これで語彙力はだいぶ向上するはず。

専門用語は授業を受けながら必死に頑張ろう...笑

 

スピーキングに関しては9月はドイツ人と話す時間が取れないので、Wintersemesterにタンデムの人数を増やすつもり。

 

 

ドイツ語に関しては今のところこんな感じかな。

では、ばいちゃ。